Sunday, February 28, 2021
メイヤーインターナショナル代表取締役のリチャード・ケインです。小規模ファンドと大規模ファンドには大きな違いがあります。双方のメリット・デメリットを知り、自分に合った投資をしましょう リチャード・ケインが代表を務めるメイヤーインターナショナルには、この違いについて熟知し、お客様が適切なポートフォリオを組むためにコンサルティングを行う会社です。15年以上のキャリアを持つコンサルタントがお待ちしています。 リチャード・ケインによると、基本的に、大規模なファンドか小規模なファンドかというのは、名前を見ればわかることが多いです。小規模ファンドは、小規模な会社に投資する傾向にあります。未熟で、将来成長が見込める企業に投資します。小規模ファンドの定義が変わってきています。数年前に小規模だったファンドが成長し、大規模ファンドになっている場合があります。 大規模ファンドは、例えばウォルマート、ジェネラルエレクトリック社にょうな大企業に投資することが多いです。これらの企業は、小規模な会社よりリスクは低いことが多いです。なぜなら、大規模企業は長期的な視点で経営を行うため、劇的な変化というのは起こりづらいからです。 小規模ファンドを選ぶのであれば、ある程度のリスクは覚悟しなければなりません。しかし、得られる利益の可能性は、大規模ファンドに投資するより大きいかもしれません。ベンチャー企業には、成長の可能性が秘められています。 リチャード・ケインが代表取締役を務めるメイヤーインターナショナルでは、小規模ファンドと大規模ファンドを組み合わせ、お客様にぴったりの投資ポートフォリオをご提案いたします。 お問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561. リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。
ビッグマック指数とは、各国の「マクドナルドのビッグマック」の価格によって、各国の通貨の購買力を比較する指数のことです。
グローバル化は、今は安定している物価上昇率が上がる可能性を秘めており、多くの投資家が懸念するものでもあります。強く健全なポートフォリオを組むには、ポートフォリオを多様化させることが重要です。 しかし、ファイナンシャルアドバイザーなくしては、ポートフォリオの多様化はなかなか難しい課題です。メイヤーインターナショナル代表取締役のリチャード・ケインは、その専門知識をもって、皆様のお力になりたいと考えています。 グローバル化の一番のメリットは、高いリターンを期待できるということです。世界中の企業や国に投資することで、バラエティに富んだマーケットに投資することができます。 バンコクに拠点を置くリチャード・ケインは、投資のポートフォリオのグローバル化をサポートいたします。経験豊富な実績を持ち、お客様が満足の行くポートフォリオの作成をいたします。 リチャード・ケインが代表を務めるメイヤー・インターナショナルは、日本でもコンサルティングの経験を持ち、グローバルなポートフォリオの作成のお手伝いをいたします。 何年にもわたり、リチャード・メイヤー・ケインは多くの投資家の皆様に最適なポートフォリオをご提案してきました。これにより、物価上昇率に負けないリターンをもたらしてきました。 グローバルなポートフォリオのもうひとつの利点は、物価上昇率から守るということです。多くのグローバルアセットは、その脆弱性から投資家の資産を減らしてしまう可能性も持ち合わせています。 一般的に、投資家は自国のみのポートフォリオを選択しがちです。しかし、リチャード・ケインにお任せいただければ、新たな投資のチャンスをお約束いたします。 リチャード・ケインのサポートがあれば、適切なマーケットに適切なタイミングで投資することができます。そして、投資は新たな成功の道に向かうでしょう。そして、グローバルポートフォリオが、資産を増やすことに役立つことを実感できるでしょう。 グローバルポートフォリオは、多くの投資家にとって、投資を次の段階に引き上げるチャンスをもたらしてくれるでしょう。リチャード・ケインは、ポートフォリオの作成のみならず、関連情報や最新のマーケット情報をご提供いたします お問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561. リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。
メイヤー・インターナショナル代表取締役リチャード・ケイン氏によると、お客様がメイヤー・インターナショナルにファイナンシャルプランのご相談にいらっしゃるときに、多くのお客様にとって、「老後の資金」「お子様の教育資金」「マイホーム購入資金」の3つが大きな目標となっているとのことです。

POPULAR POSTS

MY FAVORITES