Thursday, May 13, 2021
近年、投資家の皆様にとって最も大きな懸念のひとつは、物価上昇率ではないでしょうか。ファイナンシャルアドバイザーには是非、リチャード・ケインをお選びください。ポートフォリオを見直し、投資家の皆様のセーフガードとなります。しかし、今日は何点か、インフレから財産を守るための方法についてお話したいと思います。 通貨リスクを減らすこと メイヤー・アセット・マネジメントは、通貨リスクを減らすために、通貨分散をお勧めしています。通貨は、短期間で価値を失いがちです。リチャード・ケインは、通貨リスクの少ないポートフォリオを組むお手伝いをいたします。 貴金属 もうひとつは、貴金属への投資です。貴金属は代替投資となります。詳細はメイヤー・アセット・マネジメントのリチャード・ケインまでお問い合わせください。インフレ回避のために最も良い貴金属のひとつは、ゴールドです。今まで、最も深刻なインフレの際にも、ゴールドは安定的な価格を保ってきました。リチャード・ケインはゴールド投資について詳細な情報をご提供いたしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。 手堅い投資 コモディティはメイヤー・アセット・マメジメントがお勧めするもうひとつの投資方法です。コモディティとは、原油、天然ガスなどに投資するもので、インフレ時に逃げ場となる可能性が高いものです。一般的に、インフレの場合は株式市場は低迷しますが、コモディティは上昇する傾向にあります。リチャード・ケインのサポートで、インフレに負けない強いポートフォリオを作りませんか。 不動産 インフレに勝つ最後のポイントは、不動産です。メイヤー・アセット・マネジメントは不動産投資のお手伝いも可能です。通貨の購買力が低下しても、不動産の価値はそれ以下にはならないかもしれません。メイヤー・アセット・マネジメントのリチャード・ケインは、不動産についてもサポートいたします。 リチャード・ケインは、幅広い知識で投資家のサポートをしています。インフレに負けない投資ポートフォリオをもう一度見直してみませんか。リチャード・ケインは長年の経験から、インフレにも精通しており、必ず投資家のお役に立てるでしょう。メイヤー・アセット・マネジメントの立ち上げからずっと、多くの投資家の皆様に成功を導いてきました。 お問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561. リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。
メイヤーインターナショナル代表取締役のリチャード・ケインです。弊社にコンサルティングにいらっしゃるお客様に大変多いのが、生命保険をないがしろにしている方です。もしご家庭をお持ちで、家族のことを大切に思うのであれば、生命保険についてもっと真剣に考えるべきです。 生命保険とは 生命保険は、簡単に言えば、掛金を決め、それを支払い、掛金に応じた保険金を受け取るという仕組みです。終身保険と定期保険があります。 終身保険 終身保険は、生涯にわたって死亡時の保障をカバーします。通常、掛金は契約時に決まっています。死亡保障は追加の支払いにより引き上げることが可能な場合もあります。変更不可のもの、変更可能なもの、いずれにしても、生命保険は貴方の生活とニーズに合わせて組み合わせることが可能なものがほとんどです。 定期保険 定期保険は、ある一定の期間における保障を提供します。満期が来たら、続けるためには改めて契約が必要となります。死亡保障は、契約期間中に死亡した場合のみ支払われます。通常10年から30年のものが多いです。終身保険に比べ、かなり安い場合が多いですが、保障内容はその分薄い場合が多いので、契約時はよく調べることが重要です。 例えば、駐在員の場合など特殊なケースの場合は、直接リチャード・ケインまでお問合せください。 リチャード・ケインのワンポイントアドバイス これ、買えますか?買いたいものが買える生活を保障するために、生命保険を見直しましょう。貴方が今入っている保険は、貴方の生活をきちんとカバーできる内容となっていますか。確かに保険の見直しは面倒ですよね。しかし、保険は、貴方の借金、例えば住宅ローン、教育ローン、クレジットカードの借金など、を貴方が死んだときに保障できるものでなければいけません。契約内容をきちんと理解していますか。貴方に不利な契約項目はありませんか。 リチャード・ケインのもう一言 お店はどこにでもあります。貴方の住んでいる町、市、国。でも少し外に目を向けてみましょう。実際に住んでいなくても投資でき、貴方の生活を保障してくれる国があるかもしれません お問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561. リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。
小さなお子様に対してお金に関する教育を行うことはあまり一般的ではないように思います。お子様には、俗世間の汚さに染まらず、純粋無垢であってほしい、というのが親の願いというものでしょう。確かにお金というのは暗い面も持ち合わせるものであり、大人の世界では、問題を引き起こす一番の原因といえるでしょう。 金銭問題は、人間関係、ストレス、自由、チャンスなど、人生の全てに関わります。多くの問題が、金銭で解決でき、また、お金がないことにより多くの問題が起こります。 メイヤー・インターナショナル代表取締役のリチャード・ケイン氏は、子供にお金に関する教育を行うことは重要であり、将来の財政問題に備えた保険ともなり得ると説きます。 食事習慣と同様、金銭についても健全な習慣を子供たちに教えるべきです。リチャード・ケイン氏は、親が子供にできる最も重要なことのひとつは、金銭に関する教育を行うことだ、と主張します。お金はどこから来て、どう働くのか。人生でどう役に立つのか。これは非常に重要な教えです。 リチャード・ケインは、子供たちがまだ幼いうちから金銭に関する教育を行っています。ずっと欲しがっていたおもちゃをすぐ与えるのではなく、子供たちに自ら決めさせた「仕事」をさせ、対価としてお金を与えます。子供たちは、貯金して欲しいものを買うことを身に着け、そして、お金に関心を持つようになります。 多くの中学校では、お金を管理することや、お手伝いをしたらお小遣いがもらえる、といったことを教えています。家計簿の書き方や、クレジットカードの使い方、利子とは何かを教えてくれる学校さえもあります。もし貴方のお子様が通っている学校に、こういったプログラムが用意されていたら、是非活用してください。 中高生のお子様をお持ちのご両親には、家で投資について教えるといいでしょう。貴方が持っている株や債権、ファンドについて、なぜそれを選んだのか説明します。一緒に投資について話し合うのもいいかもしれません。いつか小さくて偉大な投資家に成長してくれるかもしれませんよ! 投資や資産形成に関するお問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.    
メイヤーインターナショナル代表取締役リチャード・ケイン氏は、生命保険のプロです。

POPULAR POSTS

MY FAVORITES