Tuesday, January 25, 2022
グローバル化は、今は安定している物価上昇率が上がる可能性を秘めており、多くの投資家が懸念するものでもあります。強く健全なポートフォリオを組むには、ポートフォリオを多様化させることが重要です。 しかし、ファイナンシャルアドバイザーなくしては、ポートフォリオの多様化はなかなか難しい課題です。メイヤーインターナショナル代表取締役のリチャード・ケインは、その専門知識をもって、皆様のお力になりたいと考えています。 グローバル化の一番のメリットは、高いリターンを期待できるということです。世界中の企業や国に投資することで、バラエティに富んだマーケットに投資することができます。 バンコクに拠点を置くリチャード・ケインは、投資のポートフォリオのグローバル化をサポートいたします。経験豊富な実績を持ち、お客様が満足の行くポートフォリオの作成をいたします。 リチャード・ケインが代表を務めるメイヤー・インターナショナルは、日本でもコンサルティングの経験を持ち、グローバルなポートフォリオの作成のお手伝いをいたします。 何年にもわたり、リチャード・メイヤー・ケインは多くの投資家の皆様に最適なポートフォリオをご提案してきました。これにより、物価上昇率に負けないリターンをもたらしてきました。 グローバルなポートフォリオのもうひとつの利点は、物価上昇率から守るということです。多くのグローバルアセットは、その脆弱性から投資家の資産を減らしてしまう可能性も持ち合わせています。 一般的に、投資家は自国のみのポートフォリオを選択しがちです。しかし、リチャード・ケインにお任せいただければ、新たな投資のチャンスをお約束いたします。 リチャード・ケインのサポートがあれば、適切なマーケットに適切なタイミングで投資することができます。そして、投資は新たな成功の道に向かうでしょう。そして、グローバルポートフォリオが、資産を増やすことに役立つことを実感できるでしょう。 グローバルポートフォリオは、多くの投資家にとって、投資を次の段階に引き上げるチャンスをもたらしてくれるでしょう。リチャード・ケインは、ポートフォリオの作成のみならず、関連情報や最新のマーケット情報をご提供いたします お問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561. リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。
バンコクに拠点を置くメイヤーインターナショナル代表取締役リチャード・ケイン氏は、「人生には3つの大きな目標がある。」と話します。老後への資金準備、子供の教育資金準備、マイホーム購入、です。 老後にいくら必要なのか 貴方は毎年、何にいくら使っているかご存知ですか。多くのお客様はこの質問に答えることができません。まず、毎月何にいくら使っているかリストアップしてみてください。そしてそれを12倍すれば1年間、何にいくら使っているかの大体の金額がわかります。もちろん、ある年の冬がとても寒くて暖房費が跳ね上がった、などという例外の年もあるでしょうから、毎年同じ金額にはなりません。しかし、大体の金額を把握するということが重要なのです。リチャード・ケイン氏は、エクセルに、「賃料、借金、生活費、食費、輸送費、娯楽費」のカテゴリーを作り、計算することをオススメします。 どんな老後を過ごしたいのか 貴方はどんな老後を過ごしたいですか。今と同じ水準?それともより良い暮らしがしたいでしょうか、それとも、今より簡素に過ごしたいでしょうか。一日中何もしないで海辺でぼーっと過ごしたい、という人も中にはいらっしゃいますが、ほとんどの方は、今より良い暮らしがしたいとお答えになります。次のパラグラフでは、老後にいくら必要なのか把握するための計算式をご紹介いたします。 リチャード・ケイン氏の計算式 現在、1年間に使う金額×20×年間インフレ率3% 例として、1年に20万ドル使う方は、この計算式によると、US$7,224,445が必要となります。年間5%の成長率が見込めるファンドに投資した場合、利益はUS$361,222となります。20万ドルの20年間分の力はバカにできません。 老後の心配がないこと、つまり、あと何年生きるか、子孫にいくら残すのか考えなくて良いならのが良いに越したことはありません。 不可能に見えるかもしれませんが、目標に向かって貯蓄することは難しいことではありません。そして、早ければ早いほど楽になります。未来を予想することはできません。しかし、将来の理想像を描くことによって、未来に備えることができるのです。我々コンサルタントは、お客様の明るい未来を共に考えるためにサポートいたします。 投資や資産形成に関するお問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.
メイヤー・インターナショナル代表取締役リチャード・ケイン氏によると、お客様がメイヤー・インターナショナルにファイナンシャルプランのご相談にいらっしゃるときに、多くのお客様にとって、「老後の資金」「お子様の教育資金」「マイホーム購入資金」の3つが大きな目標となっているとのことです。
メイヤーインターナショナル代表取締役のリチャード・ケインです。自分のお金の話となれば、世界中のほとんどの人が最も気になる話といえるでしょう。自分のお金を増やす方法はたくさんあります。しかし、予期せぬ失敗をしないよう、ファイナンシャル・プランナーにお任せした方がいいことも多々あります。今日はいくつかポイントをお伝えします。 1      支出をきちんと把握すること これは非常に重要なことです。お金を使う前に、二度考える人はあまり多くありません。これは長期的に見た家計に影響します。一ヶ月に何にいくら使ったか、食費、燃費など全て家計簿につける方がいいのです。そうすることにより、何に無駄遣いしたのか認識することができます。 2      収入以上のお金を使わないこと 誰もが贅沢な生活を送りたいと思うものです。それゆえ、私たちは不相応に高いものを買ってしまうことがあります。これは良くありません。リチャード・ケインは収入以上のお金を使わないように心がけています。収入以上のお金を使う人なんてどこにいるんだろうと思うかもしれませんが、実際、ほとんどの人は再考することなく、気まぐれで余計なものを買ったりします。こうすることによって、知らないうちに収入以上にお金を使ってしまう人がいます。 3      お金に関する計画の目標を立てる 多くの人は、家計に関する目標を持っています。しかし、その目標を達成するための具体的なステップや計画を持っていない人が多いです。まずは具体的な戦略を考え、次に目標に向かって一生懸命働く。これが重要です。 お問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561. リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。

POPULAR POSTS

MY FAVORITES